交通事故の相談を無料で弁護士にするメリット

実現させる交通事故の被害者は、受けた損害の分を
金額計算して賠償請求することができます。
相手に損害賠償請求できる項目のひとつに、
事故で受けた精神面の苦痛に対する
慰謝料があります。

慰謝料は、計算基準を設けて定額化が図られています。
その基準は3つあり、どの基準を使うかによって慰謝料額は大きく変わります。

加害者側の保険会社は、賠償額を抑えるために安い基準で算出した慰謝料を
提示しますが、そのまま示談とすると被害者は損をしてしまいます。

そこで、交通事故に遭ったら早期の弁護士に無料相談しておくのが一番です。専任の

弁護士に示談を代行してもらえば、一番高く慰謝料が計算できる
裁判基準を使って請求してもらえるというメリットがあり、先方の提示する
慰謝料が何倍にも上がるケースが多々あります。

被害者の方が自分で相手の保険会社と示談交渉をするのに比べて
多くの賠償金を請求することができますから、その差額で弁護士報酬を
支払うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)