物損の交通事故で弁護士を活用するメリット

交通事故は大きく分けて二つの事故に分けられます。
物損事故と人身事故です。

そして、当然人身事故の場合は、人が怪我をしている事故ですので、
警察は実況見分を行い、実況見分調書を作成し、詳細に調べた結果を
記録に残してくれます。

しかし、そうでないと、物件事故報告書を作成しますが、
実況見分調書と比べてかなり簡単な記録をする程度です。賢明

つまり、交通事故の扱い方が違い、気合の入れようが違います。

ところで、物が壊れただけの事故の扱いになるような事故では、
多少のかすり傷程度では人身事故に入れてもらえません。

実現しかし、後遺症は後から出るものです。
例え、かすり傷でもきちんと人身事故になっていれば、
相手の自賠責保険からもきちんと保障されるし、
その後に後遺症が出て場合にも、相手への
請求がしやすいです。

そこで、物損事故扱いのときこそ、
最初から弁護士を活用しておくメリットがあります。

つまり、弁護士を活用していれば、後遺症が出たときなどのために、
どうしたらよいのかを知ることができたり、その場合は
人身事故に変える手続きを知っているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)