弁護士によって変わる交通事故の過失割合

交通事故を起こししてしまった場合、または巻き込まれてしまった場合には
とても困惑してしまうことと思います。

怪我の心配もありますし、車や自転車などの心配も多くなります。

またその際の過失割合によって保険の適用範囲も変わってきてしまうため、
心配事は大変多くなってしまうことが多くあります。

多くのケースでは保険会社に任せて解決を図っていくのですが、
明らかに間違った見解で納得のいかないものも中にはあります。

記録を残すそのような場合には保険会社を通して専門機関に
依頼することをオススメします。

保険会社には交通事故専門の弁護士がいて的確に
処理をしてもらえますが、難しいケースではより詳しく調査してくれる
機関での弁護士に依頼することによって納得のいく解決をすることができます。

提示する保険の適用範囲を超えての調査や弁護士への
依頼とはならないので、保険会社と
相談の上決めるのがよいと思います。

場合によっては過失割合に変化が
見られることもあるので、
納得の解決に近づけるものとなります。

交通事故の慰謝料請求は弁護士に任せる

交通事故の慰謝料請求は弁護士に任せたほうが賢明です。

気合を入れてというのも、弁護士に任せないと専門的な
法的議論になったときに対応できないからです。

慰謝料と言うのは、被害者の精神的な損害によって
発生する請求権ですので、交通事故にあったときには
必ず請求することが出来ます。

それだけではなく、精神的な苦痛には基本的に
上限がありませんので好きな金額を請求することが
出来るようになっています。

もちろん、話し合いでは上限なく請求すると足元を見られてしま
う可能性もありますので、事故に詳しい専門の弁護士に
依頼をしておくことが好ましいです。

そして、大切なのは請求をするときには加害者に対して
するのではなく、保険会社にしなくてはいけないと言うことです。

保険会社に存在する社員と言うのは当然法的な知識によって
慰謝料の減額を請求してくることになるので、これに対応できるだけの
弁護士を用意する必要があるわけです。活用するメリット

保険会社の言い分に対して真っ向から反論できる人材が
いなくてはいけないということを忘れてはいけません。

 

交通事故の問題は弁護士と加害者の話し合いで決まる

交通事故の問題に関しては、被害者が積極的に話し合いに
参加するべきではなく、加害者と弁護士の話し合いに任せたほうが
賢明だと言えます。

なぜかと言うと、慰謝料請求や車が損害したことに対する
損害賠償請求というのは、加害者本人に対してではなく
かけられている保険の保険会社にするものだからです。

金額は高め多くの方が勘違いをしているのですが、
実際にお金を多額に払ってくれるのは
加害者ではなく保険会社です。

保険会社の社員には多くの法律の
スペシャリストが存在し、何とかして
示談に持っていこうとしてきます。

そのような時に法律に無知な被害者が出て行ってしまうと
法律の知識で言いくるめられてしまいますので、専門の弁護士に
任せておいたほうが良いのです。調べに行く

特に、交通事故に関しては悪質性が強ければ強いほど
多額の慰謝料を請求できますので、その点に関して
詳しい弁護士であるのならば絶対に見逃すことはありません。

示談などの保険会社にとって都合の良い話し合いに
されないためにも、弁護士の力が必要なのです。

民事訴訟は弁護士が重要

交通事故で加害者と被害者の交渉がうまくまとまらず、
最後までお互いが合意できる条件が見出せなかった
というような場合、最終的にいきつくのが民事訴訟です。検討する考え

刑事裁判に関しては個人で起こすことは
できませんが、民事裁判の場合はもともと
「個人間の紛争がまとまらないから裁判所に
判断をしてもらう」という目的のもとで
行われるものであるため
個人でも十分起こすことが可能です。

ただ個人で起こすことが出来ると言っても、やはり交通事故の解決を
民事訴訟という手段に頼るのであれば弁護士の力を借りた方が良いのは確かです。

訴訟を起こすだけでもさまざまな書類が必要になりますし、
実際に裁判が始まれば互いに意見を交わし合っていく必要があります。自分でケアする

交通事故においてはさまざまな法律が関連してくる上過去の判例などを使って
主張をするべきシーンもありますので、法律知識に長けた弁護士は
加害者であっても被害者であっても必要になるでしょう。

ちなみに民事訴訟の場合はいつでも和解が出来ますので、弁護士に
和解の方向でも動いてもらうのがベストとなりますし、裁判所でも
そういった働きかけがされることが多いです。

本来であれば訴訟を起こすよりも前に示談で決着するのが良いのですが、
もし民事裁判でしか解決できなくなったという場合でも
和解が出来るということは忘れないようにしましょう。

物損の交通事故で弁護士を活用するメリット

交通事故は大きく分けて二つの事故に分けられます。
物損事故と人身事故です。

そして、当然人身事故の場合は、人が怪我をしている事故ですので、
警察は実況見分を行い、実況見分調書を作成し、詳細に調べた結果を
記録に残してくれます。

しかし、そうでないと、物件事故報告書を作成しますが、
実況見分調書と比べてかなり簡単な記録をする程度です。賢明

つまり、交通事故の扱い方が違い、気合の入れようが違います。

ところで、物が壊れただけの事故の扱いになるような事故では、
多少のかすり傷程度では人身事故に入れてもらえません。

実現しかし、後遺症は後から出るものです。
例え、かすり傷でもきちんと人身事故になっていれば、
相手の自賠責保険からもきちんと保障されるし、
その後に後遺症が出て場合にも、相手への
請求がしやすいです。

そこで、物損事故扱いのときこそ、
最初から弁護士を活用しておくメリットがあります。

つまり、弁護士を活用していれば、後遺症が出たときなどのために、
どうしたらよいのかを知ることができたり、その場合は
人身事故に変える手続きを知っているからです。