交通事故の相談を無料で弁護士にするメリット

実現させる交通事故の被害者は、受けた損害の分を
金額計算して賠償請求することができます。
相手に損害賠償請求できる項目のひとつに、
事故で受けた精神面の苦痛に対する
慰謝料があります。

慰謝料は、計算基準を設けて定額化が図られています。
その基準は3つあり、どの基準を使うかによって慰謝料額は大きく変わります。

加害者側の保険会社は、賠償額を抑えるために安い基準で算出した慰謝料を
提示しますが、そのまま示談とすると被害者は損をしてしまいます。

そこで、交通事故に遭ったら早期の弁護士に無料相談しておくのが一番です。専任の

弁護士に示談を代行してもらえば、一番高く慰謝料が計算できる
裁判基準を使って請求してもらえるというメリットがあり、先方の提示する
慰謝料が何倍にも上がるケースが多々あります。

被害者の方が自分で相手の保険会社と示談交渉をするのに比べて
多くの賠償金を請求することができますから、その差額で弁護士報酬を
支払うことができます。

交通事故の弁護士費用の内訳は?

交通事故で弁護士に依頼する場合、費用としてどのようなものを
支払えばいいのでしょうか。重要な事柄

実はこの場合の費用項目は一つではなく、
複数あります。
大まかにいえば、着手金、成功報酬、
日当、実費といったものです。

まず着手金というのは、初期費用の
ことですが、こちらは相場が
20円程度となっています。

着手金は事務所によってまちまちで、ほとんど受け取らない
ところもあれば、高額な金額を請求するところもあります。

次に成功報酬というのは、弁護士の仕事が全て終わったあとに
支払うお金のことで、こちらは加害者から受け取る補償金の
10%程度が相場です。極端に

さらに日当というのは、弁護士に支払う雑費のことで、
こちらの費用は事務所によって異なります。

最後に実費ですが、これは交通費や郵送物の郵送に
かかる費用のことです。
実費の金額も事務所によってまちまちで、費用を
ほとんど受け取らないところもあれば、
金額が高いところもあります。

以上が、交通事故で弁護士に依頼した場合に
かかる費用の内訳でした。

交通事故の相談を無料で弁護士にできる?

交渉術交通事故、それも自損ではなく、
相手がいる事故の場合は
交渉が物を言います。

極端な例だと、交渉の進め方次第では、賠償金の開きが
50%ほどになることすらあるのです。

そのため、できるだけ早く、確実な手を打つスピード感が
もっとも重要な事柄なのです。

そしてこうした交通事故において頼りになるのが、
専門的な知識を持つ弁護士です。

普通、交通事故においては、当事者間で話し合うことは
まずありません。

保険会社や代理人などが間に立って、有利になるよう
交渉を行うのです。

そして保険会社というのはプロフェッショナルの
集まりですから、相手に対しては一切の妥協を許しません。

とても素人の付け入る隙はなく、賠償額などを
いいように左右されてしまうケースが少なくないのです。

しかし、そこへ早めに弁護士を立てることによって、
相手に負けない条件を引き出すことができます。

弁護士を雇うと聞いて、相談料などを心配する方も
多いことでしょう。必要な条件

そこで法テラスなどの無料法律相談を検討するという
考えも出てきます。

しかし、こういった相談は、順番待ちをしなければ
ならないことも多く、また、担当の弁護士が
交通事故に詳しいかどうかは分かりません。

これでは時間的損失が大きく、交渉にも支障が
出てしまいます。

余程の理由がなければ、最初から専任の弁護士を決めて
交通事故後の話し合いに参加してもらうことが賢明です。

法律の専門家の力を借りて、交通事故からの
早期再建を実現させていきましょう。