弁護士によって変わる交通事故の過失割合

交通事故を起こししてしまった場合、または巻き込まれてしまった場合には
とても困惑してしまうことと思います。

怪我の心配もありますし、車や自転車などの心配も多くなります。

またその際の過失割合によって保険の適用範囲も変わってきてしまうため、
心配事は大変多くなってしまうことが多くあります。

多くのケースでは保険会社に任せて解決を図っていくのですが、
明らかに間違った見解で納得のいかないものも中にはあります。

記録を残すそのような場合には保険会社を通して専門機関に
依頼することをオススメします。

保険会社には交通事故専門の弁護士がいて的確に
処理をしてもらえますが、難しいケースではより詳しく調査してくれる
機関での弁護士に依頼することによって納得のいく解決をすることができます。

提示する保険の適用範囲を超えての調査や弁護士への
依頼とはならないので、保険会社と
相談の上決めるのがよいと思います。

場合によっては過失割合に変化が
見られることもあるので、
納得の解決に近づけるものとなります。