まずは内部を整えることから

SEO対策には、内部と外部の2つの要因がリンクして
初めて効果を現します。

2つの要因

SEO対策における内部要因で重要なのは、ユーザーが
検索エンジンに入力するワードとあなたのサイトの
テキストとのマッチングです。

マッチの度合いが高いと検索エンジン側に判定されると
検索結果としてピックアップされます。

何はともかく、ピックアップされなければ話になりません。
まずは、内部要因の設定が重要なのです。

内部要因とは、簡単に言うとサイトのテキストの整備です。

具体的には、タイトルタグ・メタネームタグといった
テキスト内にターゲットとする検索ワードを配置することです。

これらに適切に配置することで、キーワードとマッチするようになりますし
検索エンジンからピックアップする対象と判断されるようになります。

また、検索ワードは慎重に選択する必要があります。

世代・性別・職業によって使用するワードは異なってきますから、
ターゲットの見極めはしっかり行う必要があります。

そこから、ターゲットがあなたのサイトに
関連したことを検索する際に何というワードで検索するか、
相手の立場に立ってワードを考えていくのです。

SEO対策における外部要因とは

SEO対策と聞けば、リンクを獲得することだと
勘違いしている人が多く見受けられます。

確かにリンクをいかに獲得しているかというのは
検索エンジンからの判定に大きな影響を与えます。

しかし、同時に検索エンジンはリンクの質も判断しているのです。

つまり、いいリンクを多く獲得していればこそ
上位に表示が可能になるのです。

むやみやたらなリンクの獲得は、返ってペナルティの対象になりかねません。
そこで活用したいのが、グーグルの提供するツールです。

「グーグルアドワーズ」や「グーグルアナリティクス」といったツールをぜひ利用しましよう。

これによって、グーグル側にあなたのサイトを印象づけることができます。
これらのツールはあなたのサイトを分析し、より効率的に対策を進めることができます。

また、これらのツールはあなたのサイトだけにとどまりません。
ほかのサイトを分析することもできます。

サイトの分析

ライバルとなるサイトや、他の業種であれ人気のあるサイトを
分析してみましょう。

冷静な目で分析することができるでしょう、良い部分、悪い部分、自分とは違う部分。

なぜ上位表示ができているのかというヒントを見つけることができるかもしれません。

何より無料で提供されていますから、利用しない手はないのではないでしょうか。
ひとまず合う合わないを試してみるのも方法です。

SEO対策の現状を把握する

SEO対策は日々進化しています。
検索エンジンのロボットは日々進化しており、
キーワードのマッチングだけでなく、コンテンツや
サイトの文章についてもかなり分析が進んでいるからです。

検索結果の表示順位には、こうした分析が存分に反映されています。
検索エンジンがサイトを選び出す手法は日々変化しているのです。

極端に言うと、前日と今日では選び出されるサイトが
全く違うということもありえるのです。

検索エンジン側がいかにユーザーの求める、
いかにユーザーにとって有益なサイトを抽出するか。
それ に命をかけているといっても過言ではありません。
現状の把握

小手先だけのSEO対策が太刀打ちできないのはこうした理由によるものです。
これは先にも述べたように、検索エンジンが表示したサイトに
求める情報がなければ、ユーザーの満足度が低下してしまうからです。

これは、サイトに対する満足度だけでなく、検索エンジンに対する評価にも影響します。

だからこそ、検索エンジンはユーザーの満足度を上げるためにも、日々エンジンのコンピューターを進化させているのです。

ですから、 長期的にSEO対策の効果を上げるためには
コンテンツの量産だけでなく、内容の構築にも力を注ぐ必要があるのです。

 

サイトのコンテンツは常に改善を必要としています。
SEO対策という言葉を幾度となく耳にしながら、手を出せずにいる人もいると思います。

SEOの効果をどう測定する?

SEO対策を行っているにもかかわらず、あなたのサイトの売上が
アップしていないとしたら、コンテンツあるいは
サイトのデザインに問題があると考えていいでしょう。

インターネットユーザーへの調査によると、
ユーザーが1ページを閲覧するのに要する時間はわずか2.3秒だそうです。

つまりユーザーは2.3秒のうちに自分の望む商品やサービスが
ないと判断すると、すぐさま他のサイトへと移動してしまうことになります。

これでは、どんなにお金をかけてSEO対策を施し
ユーザーを集客したとしても意味がありません。

また、2.3秒の間にどのようにしてサイト内を閲覧しているのでしょうか。
これについても視線の動きを調べた調査結果があります。

これによると、ユーザーはページ内をアルファベットの“F”のような形に
視線を動かしているとのことです。
つまり、下へいくほど、行を網羅することなく判断しているということが言えるでしょう。

つまりいかに効果的なサイトのデザインをすることができるかというのも重要になるのです。

ページの閲覧時間が驚く程短いことはご理解頂けたと思いますが、
そのことを念頭において、さらにユーザーからのアクセスを解析する必要があります。

SEO対策におけるサイトの構築方法

必ず検証して頂きたい項目としては下記のものが挙げられます。

・サイト滞在時間

・平均ページビュー数

・直帰率

滞在時間やページビュー数が少ない場合には確実にコンテンツあるいは
サイト内のカテゴリー分けに問題があると言えます。

つまり、サイトが閲覧しづらい、目当てのものを見つけにくい状態にあるため
ユーザーがすぐに別のサイトへ移動してしまうということです。

これではSEO対策でアクセスを集めることができたとしても、意味がありません。

SEO対策の重要なゴールとは売上のアップです。
また直帰率についてはグーグルのみのサービスですが
“グーグルアナリティクス”というアクセス解析ツールが無料で提供されています。

ユーザーがサイトのどの部分をクリックしているかを解析することができ、
ユーザーの興味対象やサイトの配置を見直すことができるでしょう。

アナリティクスを使いこなしてseo対策を!

SEO対策の最終の目的はサイトの収益を上げることです。
サイトの集客を集めるための仕掛けがSEO対策ですが、
集客を集める目的は収益アップです。収益を上げる

サイトにいくらアクセスが増えても収益がまったく変化ないとしたら、
それはSEO対策のせいではなく、 あなたのサイト自体に問題があるのかもしれません。

まずは見てもらうということは非常に大切です。
しかし、その対策だけでは何も利益には繋がりません。
お店にお客さんを呼び込んだけれど、内容が何もない。
そんな状態ということです。

アクセスを増やす対策と同時に、お店の内容を充実させていく。
サイトの中身を有用なものにするということが必要です。

効果的なseo対策を実践するためには、サイト訪問者の
属性を知ることが重要となります。

どのような人がどんな端末で、どの記事をどれくらい
閲覧しているかなど、訪問者の特徴を知ることは
求められているサイト作りに直結します。

訪問者の属性や行動パターンを知り、seo対策に活かすには
検索サイトが公開しているアナリティクスのサービスを
使用するのが簡単です。

分析サービスを活用する

アナリティクスを利用することで、サイト訪問者に関する
多くの情報を得ることが可能です。

閲覧できる情報は、訪問者の数、使用している端末やOS、
サービスプロバイダ、閲覧したページ、住んでいる地域など
様々です。

ページごとのアクセス数を知ることができ、一定の期間に
区切ったデータに加工することも可能なため、
最近良く読まれている記事や、全く読まれていない記事を
瞬時に判断することができます。

サーチコンソールと連携するよう設定すると、ページごとに
どの検索サイトからどんな検索キーワードで訪問しているかも
知ることができるため、よりseo対策が容易になります。

自分のサイトがどのような検索クエリで上位に表示されているかや
ページからページへの大まかな移動ルートを知ることが
できるため、改善すべきページに関するseo対策を
絞り込むことにも繋がります。

アナリティクスを使用するには、アナリティクス登録後、
取得したコードをサイトのhtmlに埋め込みます。

全てのページに埋め込む必要は無く、トップページに
設定するだけで全てのページに関する情報を得ることが
できますが、パソコンとモバイルでサイト表示を
分けている場合は、両方のソースに同じコードを
設定する必要があります。

SEO対策に使えるHTMLの作り方とそれぞれのタグの役割

ホームページはHTMLと言われる、独自の形式によって作成されています。
HTMLとはいわばホームページ専用の文法とでもいいましょうか。
文章だけでなく、ホームページ全体の構成など。
その内容全てがこのHTMLというもので作られています。
独自の用語を使って作成されているのです。

初めて見てみると、このHTMLは英語の羅列で何が何やら
わからないというのが第一印象でしょう。

どこに何が書いてあるのか。
どういう意味があるのか。

しかし、構造を理解していくと、いくつかの要素がパズルのように
構成されているものなので、少しずつどこを改善すればいいのかが
分かるようになってきます。

理解が必要

SEO対策では、リンクなどの外部要因だけでなく
内部要因も重要であるとよく言われますが、
この内部要因というのが、HTMLなどのことを指しています。

検索エンジンもこのHTMLによってホームページの内容を判定しています。
このHTMLを適切に作成することがSEO対策の効果にも影響してきますので、
あらためて、あなたのサイトを見直してみたいと思います。

見直す

HTMLでは、”タグ”とよばれる記号を用いて文章を作成します。
タグの種類によって、その一文が文中でどのような役割を
果たしているかを表すという仕組みです。

各文章には文頭と最後にこのタグを付けることによって役割を指示しています。

つまり、サイト内には多くのタグが配置されているのです。
検索エンジンのコンピューターはそのタグによって、文章を評価しています。
ですので、先ほどの文法エラー同様、このタグを正しく使用することが
SEO対策においても非常に重要になるのです。

たとえば、「h1」と呼ばれるタグ。
これは見出しを表すタグで、1は、一番の見出し、つまり、大見出しを表します。

H1タグは検索エンジンも重視しているタグです。
どういった内容のサイトであるかをここで判断しています。

SEO対策でも重要な役割を果たすタグとして注目しています。
ここには重要なキーワードを組み込むとよいでしょう。

初めての方には、この英語の羅列のようなHTMLを解読するのは
とても難解なように見えるでしょう。

しかし、必ず押さえておくべきポイントを理解すれば、
読み解くのも少し簡単になります。

タグの一覧集なんかもネットの検索で出てくる時代です。
参考にするといいでしょう。