交通事故で弁護士に無料電話相談があります

交通事故あった時に、事故がスムーズに進めば問題はありませんが、
事故で相手の方と困難になった場合の電話相談が無料でできる
弁護士がいます。

どちらが損害があるのか、損害した場合に相手側にどのように
したらよいかなど、相手から訴えられた場合など弁護士が
きちんと答えてくれます。

教えてくれる

交通事故専門弁護士に尋ねる

弁護士の方に詳しく聞くほうが今後の事故後についても
詳しく教えてくれます。

交通事故にあった場合もきちんと詳しく答えてくれます。
事故当事者の過失があるか、きちんと法律に従って教えてくれます。

勤務中の事故や保険が入っていないときなど弁護士は
きちんとお電話で答えてくれます。

このまま弁護士が必要な場合でもきちんと答えてくれますので、
交通事故にあってこのままどのようにしたらよいか
無料電話相談に電話すればきちんと答えてくれるので安心です。

調べる

インターネットで調べるといろんな弁護士事務所が無料で電話相談を
設置しているので、どうしても困難になった場合に電話すると
きちんと答えてくれます。

いざという時のために知っておきたい交通事故の応急処置の仕方

交通事故の応急処置で第一に考えなければならないことは安全の確保です。
二次被害を起こさないようにするためにも三角板を立て、車を路肩に寄せるなどして充分に安全を確認してから応急処置にかかってください。

次に負傷者の意識確認を行います。「大丈夫ですか?」などの声掛けをし、反応があるかどうかを確認します。
この時反応がないからといって、無理に揺さぶったり起こそうとするのはよくありません。

脳にダメージが起きている場合、揺すったり起こすことによって、より深刻な状況になることもあります。
意識の有無が確認出来たらただちに救急車を呼びましょう。

次に負傷者の心肺機能や外傷の有無を確認します。脈拍の確認は手首内側の橈骨動脈や、首元にある頸動脈に触れると確認できます。
触知できない場合は心臓マッサージを行います。
呼吸の確認は一般的には胸の動きを見て確認をしますが、冬場など厚着をしていると確認がしにくいこともあります。

負傷者の口や鼻に耳を近づけて呼吸音がするかを確認しましょう。
呼吸がない場合は人工呼吸が必要になります。
出血をしているようならば止血の必要がありますが、まずは心肺蘇生を優先します。

脳や全身に酸素や血液が行き届かないことによって蘇生の可能性がどんどん低くなっていきます。
特に心臓マッサージと人工呼吸は救急隊員に負傷者を任せるまで絶え間なく行うことが重要です。
協力者がいる場合は役割を分担し、速やかに応急処置ができるようにすることも大切です。

事故後にすべきことの第一歩は相手の連絡先の確認|証拠を残すことも忘れずに

新車の車でドライブ、その途中で愛車ボディに傷が付いてしまうなど、アクシデントが発生することもゼロとは言い切れません。

傷が付いた原因が自分にある場合は諦めるしかありませんが、これが他の車やバイクなどによるものなどの場合は、修理費用を請求する目的でその場で話し合いをする、慰謝料にあたる示談金の請求を行うケースは多いのではないでしょうか。

しかし、軽い擦り傷程度であればその場で解決することもできますが、相手がケガをしてしまったときなどはその場で解決などの悠長なことは言ってられません。
ケガなどの状態や入院期間、後遺障害の有無などにも変わって来ますが、示談金としての相場は10万円前後から数千万円など高額な慰謝料を払う必要が出て来ることもあるわけです。

交通事故が起きたときには、ケガ人の救護を第一に行う、警察への連絡を行うことを実行する必要があります。

次に行うべきことは相手の身元確認、事故現場の記録や目撃者の確保なども大切です。その後は、加入している自動車保険の会社に通知を行い、医療機関での診断を受けるこのような手順で進めることが基本になります。

警察に連絡すると事故現場での検証作業が行われますが、警察とは別に自ら事故現場を記憶する、そして証拠となる記録を残すことが欠かせません。

記録は手書きで行う方法もありますが、ボイスレコーダーなどを使えばペンなどの筆記用具がなくても行えますし、相手の身元確認を行うときにも役立ちます。

相手の身元確認は警察が来れば代わりに行って貰えるのですが、警察が到着する前に加害者が逃走してしまうことも決してゼロとは言い切れないので事前確認が必須といえます。連絡先を聞くことができないときなどは、相手の車のナンバープレートの写真を撮影しておくなど必要最小限のことを行っておくことをおすすめします。

ちなみに、ボイスレコーダーは音声を記録するための道具などからも、加害者の気持ちが途中で変わってしまったときなど威力を発揮してくれます。メモなどの場合は誰が書いたのかわからないし、後から気持ちが変わったときなど有力な証拠として残すのには少々威力が小さくなりがちです。

さらに、連絡先を聞いたけれども後から電話をしてみたら別人のものであったなど、嘘を伝える可能性もあります。その点、音声であれば決定的なものとして残るわけですから車に乗るときには携帯しておくのが良いわけです。

最近のスマートフォンには音声の録音機能がついているタイプが多いので、専用のものを購入する必要もありませんし、いざというときのために音声の録音方法をしっかり覚えておくようにしましょう。”