交通事故で弁護士に無料電話相談があります

交通事故あった時に、事故がスムーズに進めば問題はありませんが、
事故で相手の方と困難になった場合の電話相談が無料でできる
弁護士がいます。

どちらが損害があるのか、損害した場合に相手側にどのように
したらよいかなど、相手から訴えられた場合など弁護士が
きちんと答えてくれます。

教えてくれる

交通事故専門弁護士に尋ねる

弁護士の方に詳しく聞くほうが今後の事故後についても
詳しく教えてくれます。

交通事故にあった場合もきちんと詳しく答えてくれます。
事故当事者の過失があるか、きちんと法律に従って教えてくれます。

勤務中の事故や保険が入っていないときなど弁護士は
きちんとお電話で答えてくれます。

このまま弁護士が必要な場合でもきちんと答えてくれますので、
交通事故にあってこのままどのようにしたらよいか
無料電話相談に電話すればきちんと答えてくれるので安心です。

調べる

インターネットで調べるといろんな弁護士事務所が無料で電話相談を
設置しているので、どうしても困難になった場合に電話すると
きちんと答えてくれます。

いざという時のために知っておきたい交通事故の応急処置の仕方

交通事故の応急処置で第一に考えなければならないことは安全の確保です。
二次被害を起こさないようにするためにも三角板を立て、車を路肩に寄せるなどして充分に安全を確認してから応急処置にかかってください。

次に負傷者の意識確認を行います。「大丈夫ですか?」などの声掛けをし、反応があるかどうかを確認します。
この時反応がないからといって、無理に揺さぶったり起こそうとするのはよくありません。

脳にダメージが起きている場合、揺すったり起こすことによって、より深刻な状況になることもあります。
意識の有無が確認出来たらただちに救急車を呼びましょう。

次に負傷者の心肺機能や外傷の有無を確認します。脈拍の確認は手首内側の橈骨動脈や、首元にある頸動脈に触れると確認できます。
触知できない場合は心臓マッサージを行います。
呼吸の確認は一般的には胸の動きを見て確認をしますが、冬場など厚着をしていると確認がしにくいこともあります。

負傷者の口や鼻に耳を近づけて呼吸音がするかを確認しましょう。
呼吸がない場合は人工呼吸が必要になります。
出血をしているようならば止血の必要がありますが、まずは心肺蘇生を優先します。

脳や全身に酸素や血液が行き届かないことによって蘇生の可能性がどんどん低くなっていきます。
特に心臓マッサージと人工呼吸は救急隊員に負傷者を任せるまで絶え間なく行うことが重要です。
協力者がいる場合は役割を分担し、速やかに応急処置ができるようにすることも大切です。