あさひ法律事務所の弁護士の交通事故対応

交通事故にあってしまうと、その時の処理や治療、
賠償金など複雑な手続きが必要です。

特に相手方の日本保険会社は、交通事故を専門にしているプロです。

素人の被害者相手では賠償金を低く抑えようとしてきますので、
うまく話が進まないことが殆どです。

上手くいかない

妥協しないためにも交通事故に詳しい専門家である
弁護士についてもらうことがポイントです。

弁護士と言っても専門分野がありますので、
特に交通事故に詳しい弁護士を選ぶことが重要になります。

そこで活躍するのがあさひ法律事務所で、精通した弁護士が
相談から対応まで行っています。

あさひ法律事務所は適正な示談になるように、
専門知識と最新の状況を加味して話し合いを代行します。

法的な根拠を元に話をまとめてくれるので、
納得の内容に近づけてくれます。

万が一、相手方が不誠実な場合は裁判もできる知識と
権限を持っているので、あさひ法律事務所の専門家である
弁護士に依頼すると最後まで安心できます。

妥当な示談かチェックすることから始めよう

交通事故では治療費の他にも、賠償金や休業補償、
後遺障害の補償など、多くの細かい項目で示談金は決まります。

その算出基準も目安は合っても決まりではなく、
病院への通院日のカウントも治療内容や期間によって
カウントされないなどのケースも発生しています。

それらが法的に見て正しいかを判断できるのが弁護士です。

交通事故の内容とその後のケガやそれによる支障具合によって、
適切な補償を受けるために、プロである弁護士に相談するのが大切です。

プロに相談

交通事故の補償は一度了承してしまうと、基本的には
後日変更はできません。

ですから、弁護士に妥当な金額かどうかを相談してみることは重要です。

もし、低く見積もられているようなら、交渉してアップさせなくてはなりません。
しかし、相手の保険会社も営利企業ですので
支出は少なくしたいので、簡単には聞き入れません。

そこで法的な根拠と手段で交渉できる弁護士が力を発揮するのです。