交通事故の慰謝料請求は弁護士に任せる

交通事故の慰謝料請求は弁護士に任せたほうが賢明です。

というのも、弁護士に任せないと専門的な
法的議論になったときに対応できないからです。

慰謝料

慰謝料と言うのは、被害者の精神的な損害によって
発生する請求権ですので、交通事故にあったときには
必ず請求することが出来ます。

それだけではなく、精神的な苦痛には基本的に
上限がありませんので好きな金額を請求することが
出来るようになっています。

もちろん、話し合いでは上限なく請求すると足元を見られてしま
う可能性もありますので、事故に詳しい専門の弁護士に
依頼をしておくことが好ましいです。

依頼する

そして、大切なのは請求をするときには加害者に対して
するのではなく、保険会社にしなくてはいけないと言うことです。

保険会社に存在する社員と言うのは当然法的な知識によって
慰謝料の減額を請求してくることになるので、これに対応できるだけの
弁護士を用意する必要があるわけです。

保険会社の言い分に対して真っ向から反論できる人材が
いなくてはいけないということを忘れてはいけません。

 

民事訴訟は弁護士が重要

交通事故で加害者と被害者の交渉がうまくまとまらず、
最後までお互いが合意できる条件が見出せなかった
というような場合、最終的にいきつくのが民事訴訟です。

刑事裁判に関しては個人で起こすことはできませんが、民事裁判の
場合はもともと「個人間の紛争がまとまらないから裁判所に
判断をしてもらう」という目的のもとで行われるものであるため
個人でも十分起こすことが可能です。

裁判

ただ個人で起こすことが出来ると言っても、やはり交通事故の解決を
民事訴訟という手段に頼るのであれば弁護士の力を借りた方が
良いのは確かです。

訴訟を起こすだけでもさまざまな書類が必要になりますし、
実際に裁判が始まれば互いに意見を交わし合っていく必要があります。

交通事故においてはさまざまな法律が関連してくる上過去の判例などを
使って主張をするべきシーンもありますので、法律知識に長けた弁護士は
加害者であっても被害者であっても必要になるでしょう。

被害者

ちなみに民事訴訟の場合はいつでも和解が出来ますので、弁護士に
和解の方向でも動いてもらうのがベストとなりますし、裁判所でも
そういった働きかけがされることが多いです。

本来であれば訴訟を起こすよりも前に示談で決着するのが良いのですが、
もし民事裁判でしか解決できなくなったという場合でも和解が出来る
ということは忘れないようにしましょう。