交通事故の相談を無料で弁護士にするメリット

交通事故の被害者は、受けた損害の分を金額計算して賠償請求
することができます。

相手に損害賠償請求できる項目のひとつに、事故で受けた精神面
の苦痛に対する慰謝料があります。

賠償

慰謝料は、計算基準を設けて定額化が図られています。
その基準は3つあり、どの基準を使うかによって慰謝料額は大きく変わります。

加害者側の保険会社は、賠償額を抑えるために安い基準で算出した慰謝料を
提示しますが、そのまま示談とすると被害者は損をしてしまいます。

苦痛

そこで、交通事故に遭ったら早期の弁護士に無料相談しておくのが一番です。

弁護士に示談を代行してもらえば、一番高く慰謝料が計算できる
裁判基準を使って請求してもらえるというメリットがあり、先方の提示する
慰謝料が何倍にも上がるケースが多々あります。

被害者の方が自分で相手の保険会社と示談交渉をするのに比べて
多くの賠償金を請求することができますから、その差額で弁護士報酬を
支払うことができます。

物損の交通事故で弁護士を活用するメリット

交通事故は大きく分けて二つの事故に分けられます。
物損事故と人身事故です。

そして、当然人身事故の場合は、人が怪我をしている事故ですので、
警察は実況見分を行い、実況見分調書を作成し、詳細に調べた結果を
記録に残してくれます。

物損

しかし、そうでないと、物件事故報告書を作成しますが、
実況見分調書と比べてかなり簡単な記録をする程度です。

つまり、交通事故の扱い方が違い、気合の入れようが違います。

ところで、物が壊れただけの事故の扱いになるような事故では、
多少のかすり傷程度では人身事故に入れてもらえません。

怪我

しかし、後遺症は後から出るものです。

例え、かすり傷でもきちんと人身事故になっていれば、
相手の自賠責保険からもきちんと保障されるし、その後に
後遺症が出て場合にも、相手への請求がしやすいです。

そこで、物損事故扱いのときこそ、最初から弁護士を活用して
おくメリットがあります。

つまり、弁護士を活用していれば、後遺症が出たときなどのために、
どうしたらよいのかを知ることができたり、その場合は
人身事故に変える手続きを知っているからです。