まずは内部を整えることから

SEO対策には、内部と外部の2つの要因がリンクして
初めて効果を現します。

2つの要因

SEO対策における内部要因で重要なのは、ユーザーが
検索エンジンに入力するワードとあなたのサイトの
テキストとのマッチングです。

マッチの度合いが高いと検索エンジン側に判定されると
検索結果としてピックアップされます。

何はともかく、ピックアップされなければ話になりません。
まずは、内部要因の設定が重要なのです。

内部要因とは、簡単に言うとサイトのテキストの整備です。

具体的には、タイトルタグ・メタネームタグといった
テキスト内にターゲットとする検索ワードを配置することです。

これらに適切に配置することで、キーワードとマッチするようになりますし
検索エンジンからピックアップする対象と判断されるようになります。

また、検索ワードは慎重に選択する必要があります。

世代・性別・職業によって使用するワードは異なってきますから、
ターゲットの見極めはしっかり行う必要があります。

そこから、ターゲットがあなたのサイトに
関連したことを検索する際に何というワードで検索するか、
相手の立場に立ってワードを考えていくのです。

SEO対策における外部要因とは

SEO対策と聞けば、リンクを獲得することだと
勘違いしている人が多く見受けられます。

確かにリンクをいかに獲得しているかというのは
検索エンジンからの判定に大きな影響を与えます。

しかし、同時に検索エンジンはリンクの質も判断しているのです。

つまり、いいリンクを多く獲得していればこそ
上位に表示が可能になるのです。

むやみやたらなリンクの獲得は、返ってペナルティの対象になりかねません。
そこで活用したいのが、グーグルの提供するツールです。

「グーグルアドワーズ」や「グーグルアナリティクス」といったツールをぜひ利用しましよう。

これによって、グーグル側にあなたのサイトを印象づけることができます。
これらのツールはあなたのサイトを分析し、より効率的に対策を進めることができます。

また、これらのツールはあなたのサイトだけにとどまりません。
ほかのサイトを分析することもできます。

サイトの分析

ライバルとなるサイトや、他の業種であれ人気のあるサイトを
分析してみましょう。

冷静な目で分析することができるでしょう、良い部分、悪い部分、自分とは違う部分。

なぜ上位表示ができているのかというヒントを見つけることができるかもしれません。

何より無料で提供されていますから、利用しない手はないのではないでしょうか。
ひとまず合う合わないを試してみるのも方法です。

アナリティクスを使いこなしてseo対策を!

SEO対策の最終の目的はサイトの収益を上げることです。
サイトの集客を集めるための仕掛けがSEO対策ですが、
集客を集める目的は収益アップです。収益を上げる

サイトにいくらアクセスが増えても収益がまったく変化ないとしたら、
それはSEO対策のせいではなく、 あなたのサイト自体に問題があるのかもしれません。

まずは見てもらうということは非常に大切です。
しかし、その対策だけでは何も利益には繋がりません。
お店にお客さんを呼び込んだけれど、内容が何もない。
そんな状態ということです。

アクセスを増やす対策と同時に、お店の内容を充実させていく。
サイトの中身を有用なものにするということが必要です。

効果的なseo対策を実践するためには、サイト訪問者の
属性を知ることが重要となります。

どのような人がどんな端末で、どの記事をどれくらい
閲覧しているかなど、訪問者の特徴を知ることは
求められているサイト作りに直結します。

訪問者の属性や行動パターンを知り、seo対策に活かすには
検索サイトが公開しているアナリティクスのサービスを
使用するのが簡単です。

分析サービスを活用する

アナリティクスを利用することで、サイト訪問者に関する
多くの情報を得ることが可能です。

閲覧できる情報は、訪問者の数、使用している端末やOS、
サービスプロバイダ、閲覧したページ、住んでいる地域など
様々です。

ページごとのアクセス数を知ることができ、一定の期間に
区切ったデータに加工することも可能なため、
最近良く読まれている記事や、全く読まれていない記事を
瞬時に判断することができます。

サーチコンソールと連携するよう設定すると、ページごとに
どの検索サイトからどんな検索キーワードで訪問しているかも
知ることができるため、よりseo対策が容易になります。

自分のサイトがどのような検索クエリで上位に表示されているかや
ページからページへの大まかな移動ルートを知ることが
できるため、改善すべきページに関するseo対策を
絞り込むことにも繋がります。

アナリティクスを使用するには、アナリティクス登録後、
取得したコードをサイトのhtmlに埋め込みます。

全てのページに埋め込む必要は無く、トップページに
設定するだけで全てのページに関する情報を得ることが
できますが、パソコンとモバイルでサイト表示を
分けている場合は、両方のソースに同じコードを
設定する必要があります。